nucleusのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ZRX DAEG ダエグ】さぁバッテリーを交換

<<   作成日時 : 2012/08/08 08:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

まずー初期充電。
これが手順書もなく、自分はサービスマニュアルがあったので、助かりました。つーか、意外に要点があってちゃんとマニュアル見たほうがいいなーというのが印象。
画像

バッテリーのシールをはがし、希硫酸の先についているキャップをはずす。外すとアルミでパックされてますね。こいつをひっくり返して、バッテリーに突き刺すわけです。それでなかの希硫酸が手に触れることなく、バッテリ内に入ってゆくわけです。ここで20分放置
画像
画像

全部液が入るのに少し時間がかかり、徐々に化学反応が始まってきます。その証拠に本体が熱を持ち、気体が出てきます。
希硫酸がカラになったらそのまま20分放置、なじんだら、
希硫酸のキャップをかるくバッテリにのせます。
この状態でもすでに12.28Vあります。最終的には12.51V。
画像

希硫酸のボトルをとりはずし、この状態で30放置後、初期充電開始。途中ポンってキャップがとんだから、きっと水素かなんかが発生しているんでしょうね。
希硫酸投入後速充電するとバッテリの劣化につながるらしい。

0.9A 5〜10時間くらいでしょうかね。

初期充電が完了して、30分ほど放置した時の電圧が12.8V以上あればOK.

最後に密閉栓(希硫酸のキャップ)をしておわり。

いよいよ車体に取り付けです。

これが意外に面倒で、ホネの時のほうが全然楽

シート下の工具をはずし、カバーを外し、リレーとか一切を外しよける。そうすると抑えの金具が見えるから、ボルト二つをはずす。これがまた深いから、エクステンション×2で対応しました。あとはバッテリーをリア側に引っ張る。バッテリーは引っ張りやすいようゴムバンドがついているのが唯一の親切心。
画像

取り付けは逆の要領で行いますが、端子部に腐食防止のグリスを塗るのをお忘れなく。

以上で完了ですね。



↓↓↓ランキング参加中〜 モチベーションアップのため、できればクリックお願いします。
にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ カワサキへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【ZRX DAEG ダエグ】バッテリーあがり・・・。
わずか2年と4か月程度、距離にして11,000Kmで交換となりました。 事の始まりは4月くらいに一度バッテリーがあがり、さぁツーリングに行くぞって時に動かない目にあい、とりあえず、充電して回避しました。2週間くらい放置しても大丈夫だったので、まだ大丈夫かと思ってましたが、また8月に再発。 ホネの時からバッテリーにはいい思い出がないです。常に一抹の不安を感じています。 ...続きを見る
nucleusのブログ
2013/01/01 09:50
【ZRX DAEG ダエグ】さぁバッテリーを交換
まずー初期充電。 これが手順書もなく、自分はサービスマニュアルがあったので、助かりました。つーか、意外に要点があってちゃんとマニュアル見たほうがいいなーというのが印象。 ...続きを見る
nucleusのブログ
2013/01/01 09:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ZRX DAEG ダエグ】さぁバッテリーを交換 nucleusのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる