nucleusのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ZRX DAEG ダエグ】キャンプツーにおけるテント〜その三〜

<<   作成日時 : 2015/11/26 07:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

結局、紆余曲折ありましたけども原点に戻ってやっぱアライテントなんではないかと。

品質がしっかりしていて、耐久性もあり、日本の気候を熟知しているメーカですからね。コアなファンも多いですよね。

ドマドームかトレックライズが選択肢に入ってきますが、前室が広いドマドームを選びました。少し高いですけど、長く使えると思えば結果安いでしょう。

初開封。付属品はポール、テント本体、フライ、ペグ、シームシーラー(防水材)。

新品のペグがまぶしい。相変わらずのアルミVペグ。でも古いのまだ使えからな・・・

シームシーラーがついてくるのはアライテントならではなのか。実は昔買ったテントについていたものがまだ残っている。もう20年ものだけど、まだ使える。すばらしいモノ持ちだね。初回に塗りこんで使ってくださいということで、面倒だけれどもアライテントの儀式ということで我慢する。

テントを組み立ててみた。スリーブに三本のポールを通して、後は自立させるだけ。ポールが3本なだけで、ドームテントと勝手は変わらない。前室が広い。土間だからな。
画像
画像
画像

テント内・・・はまぁ一人用だね。ドマドームライト2だけども。荷物を土間に追いやれば二人でも問題ない。天井は前室にスペースを持ってかれているので、少し窮屈な印象を受ける。入口と反対側に換気用の窓がある。位置が低く違和感を覚えるけど、こちらのほうが風通しはよくなるのかも。当然メッシュ状態にもでき、必要なときに換気ができる。これで春秋の少し寒い時期も耐えられるだろう。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ZRX DAEG ダエグ】キャンプツーにおけるテント〜その三〜 nucleusのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる